サポート情報 オーバーホール

SUPPORTサポート情報

オーバーホール

永くご愛用いただくために

オリエントスターでは、アフターメンテナンスも、工房にて職人みずからが、
修繕から部品交換まで責任を持って行います。
永く愛用してほしいからこその、時計の健康診断をぜひ定期的にお申し付けください。

オーバーホールの手順

1.オーバーホールの準備

ケースオープナーで裏蓋を開けます。

2.分解

りゅうずを取り、ケースから外されたムーブメントは精度チェックのため、バンドや文字板も取り外されます。

3.精度検査1

ムーブメントは精度測定装置にかけられ、どのくらい誤差があるか確認します。

4.洗浄1

ムーブメントのパーツを1個1個外しながら、自動洗浄機で洗浄していきます。

5.洗浄2

ムーブメントの汚れがひどい部品、サビてしまった部品は1つ1つ確認しながら、はけで丁寧に洗います。

6.洗浄3

ケースやバンド類は、中性洗剤を使って汚れを落とていきます。

7.オイルアップ1

洗浄した部品は、再度組み立てられます。
ゴミやホコリが入らないように注意しながら行います。
また歯車の回転を滑らかにするため、オイルアップを行います。

8.オイルアップ2

組み立てながら、駆動部分にも丁寧にオイルアップを行います。
由量で精度が変わるので、作業は専用器具で行います。

9.精度検査2

ムーブメントを再度組み立てた後は、精度測定装置にかけながら、緩急針を調整して精度を確認します。

10.防水検査

一定の空気圧をかける防水測定装置を使って、防水性をチェックします。
また、本格的潜水モデルでは実際に水につけ、加圧して水が入らないか試験を行います。

11.最終検査

でき上がった時計は厳しい品質基準に照らし、最終チェックを行います。

オーバーホールの料金は、故障修理の内装修理料金と同じになります。オーバーホールのご用命は、
通常の修理依頼と同手順で「オーバーホール希望」と書き添えてお申し込みください。

VIEW ALL SUPPORTS
サポート一覧へ

VIEW ALL SUPPORTS
サポート一覧へ

pagetop