ABOUT

「オリエントスター」は、1951年の誕生以来、
ロングセラーを続けるオリエント時計の代表的なモデルです。

オリエント時計の象徴とも言える機械式ムーブメント「46系」。
その誕生は1971年に遡ります。以来、基幹キャリバーとして生産を続け、
最盛期には月産で50万個を達成。
これまでの総生産量は1億個を突破しています。

単一のキャリバーで、これだけ長く生産されているものは、
世界中探しても極めて稀なのではないでしょうか。

そして、1996年には機械式ムーブメントならではの
「パワーリザーブ機能」。
その後、「ワールドタイム機能」、「GMT機能」を順次リリース。
今日に至るまで、持つ方の興味をそそるような機構を付加すべく、
開発を継続してまいりました。

「星はまわり続ける」

輝ける星はこれからも、皆様の腕元を輝かせるべく、まわり続けます。